≪日々の感謝を伝える機会≫お中元を贈ろう!

【感謝をカタチに】お中元で喜ばれるギフトを要チェック!

そもそもお中元とは?

夏になると、お中元ギフトのCMを見る機会が増えてきますよね。お中元の起源は、中国で7月15日にまつられる慈悲神様へお供えものをするという習慣だったそうです。それが日本に伝わり、神様へのお供え物を親族や近所の人たちに贈る習慣として定着したもののようですよ。

お中元に喜ばれる人気ギフト!

no.1

飲料品や食品の詰め合わせセット

飲料品や食品の詰め合わせセットは、お中元のシーズンになるとデパートやスーパーで多く販売されています。そのため、親戚や友達など身近にいる人に贈るギフトとして人気が高いようです。また、詰め合わせセットの多くが嗜好品である場合が多く、お子さんにいる家庭や一人暮らしをしている人に喜ばれるようですよ。

no.2

カタログギフト

カタログギフトは、無料で自分の好みの商品が注文できるサービスです。そのため、贈る側とあまり好みが合わない人や普段中々目にできないものを贈りたい人に重宝されているようです。

no.3

お米

お米は、貰ってから長く保存がきくので定番のお中元ギフトです。贈る側は種類が多くで他の人と被る心配がなく高くても5000円ほどで購入できるのがメリットのようです。貰った側も保存がきくために慌てて消費する必要がないのが嬉しいようです。また、家族が多い家庭や子供がいる家庭では食事量が多いのでとても喜ばれていますよ。

≪日々の感謝を伝える機会≫お中元を贈ろう!

風呂敷

お中元を贈る時期

お中元は、関東や関西で贈る時期が行なっています。関東では、7月の初めから15日までに贈るのが一般的です。それに対して関西では、8月の初めから15日までに贈るのが一般的とされています。これは、関西ではお盆を旧暦に合わせて行なうところが多いことにあるようです。普段私達が使っている新暦と旧暦ではお盆の時期が一か月ほどずれるため、お中元も遅れて贈るようですよ。ですが最近では、7月の初めから8月の15日ごろの間でお中元を贈るようになっているようです。

お中元のマナー違反

お中元を贈るなら、年末にお歳暮を贈るのがマナーです。もし、お中元とお歳暮の両方を贈るのが難しなら「お歳暮」を贈るといいですよ。
また、お歳暮は虚礼で贈るのは良くありません。虚礼とは、感謝や真心の気持ちが伴っていない形式だけの行為のことです。そのため近頃では、虚礼廃止としてお中元やお歳暮などを贈ること事態を禁止している会社が増えています。

どんな人に贈るべきか

元々お中元は、感謝の気持ちを込めて親族や近所の人に贈るものでした。ですが、最近では、仕事などによって贈る相手が変わってしているようです。お中元を贈る相手としては「両親や兄弟などの親族」「親戚」「会社の上司」「日頃からお世話になっている人」などが一般的のようです。
また最近では、会社のルールのひとつとしてお中元やお歳暮・年賀状を上司に贈るのを禁止している会社が増えてきています。もし、お世話になっている上司にお中元を贈る場合には事前に会社側に確認するといいですよ。